上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラージョ・バジェカーノにとって歴史に残るシーズンの最終戦の相手はアスレティックでした。

ラージョの先発は、前節ヘタフェ戦から変更はありませんでした。

ラージョは17分に、ホセ・カルロスの右からのセンタリングが起点となり先制点を奪います。ゴールしたのはフランコ・バスケス。ヘディングによる得点でした。

アスレティックは、デ・マルコスとイバイでラージョDFを崩しにかかります。そして30分にスサエタに決められ同点にされます。

ラージョは後半の立ち上がりに左サイドバックのナチョをベンチに下げ、ケガから復帰したティトを投入します。

しかし、48分にホセ・カルロスの不注意からアウレテネチェに逆転ゴールを決められてしまいます。

ラージョは5分後の53分にCKのチャンスを活かし同点に追いつきます。アスレティックのGKイライソスが、トラショラスの蹴ったCKの処理を誤ります。ピティがイライソスのミスを見逃さずにゴールしました。ピティはクラブ最多となる18ゴール!ウーゴ・サンチェスの持つ16ゴールの記録をさらに更新したことになりました。

この後ラージョはDFヨルディとFWチョリ・ドミンゲスを下げて、FWデリバシッチとMFラスを投入し3バックに移行し、逆転ゴールを狙いますが、同点ゴールは決められず。。試合は2-2の引き分けに終わりました。

ラージョは、勝ち点53、8位というチームにとって歴史に残る成績でシーズンを終了しました。




Rayo Vallecano: Rubén, Arbilla, Gálvez, Jordi Figueras (Lass, Min.58), Nacho (Tito, Min.46), Trashorras, Javi Fuego, José Carlos, Franco Vázquez, Piti, y Chori Domínguez (Delibasic, Min.73).

Athletic: Iraizoz, Iraola, San José, Gurpegui, Aurtenetxe, Iturraspe, De Marcos, Ander Herrera (Castillo, Min.62), Susaeta, Aduriz e Ibai Gómez (Toquero, Min.79).

Goles: 1-0: Min.17 Mudo Vázquez de cabeza 1-1: Min.30 Susaeta tras una pared dentro del área, 1-2: Min.48 Aurtenetxe aprovecha un despiste de José Carlos 2-2: Min.53 Piti, de cabeza tras un error de Iraizoz.

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。