上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラージョ・バジェカーノは、EL出場権を狙いマラガと対戦しました。しかし、奮戦空しく敗れてしまいました。。

試合終了後のパコ・ヘメス監督のコメントをざっくりまとめてみました。

「チームとしての出来には満足しています。決定機を産み出すこともできましたが、敗戦という結果は受け入れないといけませんね。

マラガは、我々がディフェンス面で犯してしまったミスを逃さなかったといえます。我々はマラガよりもエリア内で危険なシーンを作り出していただけに、ディフェンス面でのミスが痛いですね。。ただ、このミスについて選手を非難するつもりはありません。

マラガは、ヨーロッパでも指折り好チームですしね。(決定的な仕事をされてしまった)ペドロ・モラレスは、素晴らしい選手でした。。

我々としては、 ハビ・フエゴ、ピティ、チョリ・ドミンゲスをより前でプレーさせたかった、と考えています。この3人に加えて、ラス、ホセ・カルロスの両ウィングとレオを巧く絡ませる目論見でした。前半は機能していましたが、後半は機能させることができませんでした。ウィングをより有効に使うためにはどうするべきか、話し合わないといけませんね」


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。