上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラージョ・バジェカーノは、マドリー戦の招集メンバーを発表しました。

パコ・へメス監督は、驚くことに守備の要であるDFガルベスを招集メンバーから外してきました。

ガルベスは現在累積警告が4枚たまっているので、マドリー戦でイエローカードをもらってしまうと次節のセルタ戦に出場できなくなります。

セルタはラージョと同じような順位にいるチーム。パコ・へメス監督としては「マドリーよりもセルタに勝ちたい」という思いがあったのでしょう。パコ・へメス監督にしては珍しく現実的な判断を下した、といえます。

ガルベスの代わりに招集されたのは、モナコから期限付き移籍で獲得したDFボルハ。ただ、スタメンに入るセンターバックはゼ・カストロとサウルになるとみられています。

サウルがセンターバックに入った場合、ボランチにはトラショラスとバエナが入ると予想されています。

また、DFティト(ケガ)、MFアドリアン、それにMFエンバルバがメンバーから外れています。


ベンチ入りメンバーは以下のとおりです。

GK:ルベン、コベーニョ
DF:アルビージャ、ゼ・カストロ、ボルハ、ラト、ナチョ
MF:トラショラス、サウル、バエナ、ロチーナ、ジョナタン・ビエラ、イアゴ・ファルケ、ラス、ホセ・カルロス
FW:アルベルト・ブエノ、ラリベイ、ロンゴ





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rayoheraldjp.blog111.fc2.com/tb.php/896-dcba19c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。