上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラージョ・バジェカーノは、エスパニョールとアウェイで対戦しました。試合終了間際に同点に追いつかれ勝点2を失う形になってしまいましたが、チームとしては良いパフォーマンスを見せました。

ラージョ・バジェカーノは、出場停止のガルベスとラトの代役を若いボルハ・ロペスとナチョに託しました。しかし、前半3分にナチョの左サイドバックから攻略されてしまい、ストゥアーニに先制ゴールを許してしまいます。。試合にふわっと入ってしまったところを突かれた、という感じでした。

とはいえ、ここで焦らないのが最近のラージョ・バジェカーノです。前半終了間際の42分に、アルベルト・ブエノからのパスをイアゴ・ファルケが左足シュートを決め同点に追いつきます。アルベルト・ブエノもまたなかなか巧みな突破を披露したと言えます。

ラージョ・バジェカーノは、同点に追いついてから流れが変わってきました。アルベルト・ブエノはトラショラス&サウルの援護を受け中盤での存在感を強め、ラリベイは最前線でエスパニョールのCBを苦しめます。

後半開始早々の49分に、ラージョ・バジェカーノはラリベイの豪快なヘディングシュートが決まり逆転に成功します。ラリベイのヘディングをアシストしたのは左サイドバックのナチョ。左サイド中盤から良い放り込みをしました。マーカーを振り切ったラリベイの動きもよかったです。

その後もロチーナが決定的なシーンを作るなどするものの、ゴールは奪うことができませんでした。。結局、これが最後に響くこととなります。。

試合終盤の87分に、コーナーキックからコロットにコロッとヘディングを許してしまいます。。これは、ルベンは出れなかったものかな、とは思いますが。。

試合はこのまま終了、ラージョは勝点1を持ち帰るにとどまりました。もったいない試合ではありましたが、次節は大一番のベティス戦になります。


Ficha del partido

RCD Espanyol: Kiko Casilla, Víctor Sánchez, Fuentes, Colotto, Sidnei, David López (Álex Fernández min. 75) , Stuani, Pizzi (Córdoba min. 59), Simao (Lanzarote min.59) y Sergio García.

Rayo Vallecano: Rubén, Arbilla, Zé Castro, Borja, Nacho, Trashorras, Saúl, Falque (Seba Fernández min. 88), Rochina (Lass min. 76), Bueno y Larrivey.

Goles: min 3 Stuani culmina una jugada de Sergio García y Pizzi (1-0), min 42 Falque de fuerte zapatazo desde la frontal (1-1), min 49 Larrivey de cabeza a pase de Nacho (1-2), min 87 Colotto de cabeza desde dentro del área pequeña (2-2)






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rayoheraldjp.blog111.fc2.com/tb.php/908-6e509b80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。