上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラージョ・バジェカーノは、バジェカスにベティスを迎えての大事な一戦に臨みます。

ベティスには、以前ラージョに在席していた選手が4人います(前監督はぺぺ・メルさんでしたし)。DFアントニオ・アマヤ、DFヨルディ・フィゲラス、FWルベン・カストロ、それにFWレオ・バティスタン(画像)です。

最新情報によると、アントニオ・アマヤは負傷のために欠場する可能性があります。

ルベン・カストロは、ラージョが2部に在席していた時代に1シーズンだけですが在籍していました(その時は、デポルからの期限付き移籍でした)。

ヨルディ・フィゲラスは、ラージョが1部に復帰した時代に1シーズン半在籍していました。一昨シーズン、昨シーズンの事なので覚えている方もいらっしゃると思います。

レオに関しては、言うことはないでしょう。。。。昨シーズンラージョでブレイクし、アトレティコさんに買われていきました。しかしアトレティコでは思ったようには出場機会に恵まれず、ベティスに期限付き移籍をしています。


興味深いことに、上記の4人のうち3人がラージョに移籍金を残してチームをさっています。

アントニオ・アマヤは、イングランドのウィガンに売られていきました。当時中盤のダイナモだったディアメとのセットではありましたが、380万ユーロで売られました。

ヨルディ・フィゲラスは保有権を約100万ユーロでベルギーのブルージュに売りました。

なお、レオの移籍金は約700万ユーロになります。


この試合に限っては、移籍金に似合った活躍は控えていただきたいものです。。。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rayoheraldjp.blog111.fc2.com/tb.php/911-ac91f167
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。