上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラージョ・バジェカーノの最終ラインをゼ・カストロと共に支え、チームを安定させている選手がアレハンドロ・ガルベスです。

ベティス戦でも活躍したガルベスのインタビューを簡単に。

「我々は現時点で勝ち点40を獲得することができました。降格を争っているチームは勝ち点40を獲得することの難しさを知っています。こういった意味からしても、今日の試合で勝ち点3を獲得できたことを嬉しく思います。

(パコ・へメス監督は、勝ち点40がラージョ・バジェカーノのプリメーラ残留ラインになると見込んでいます)監督はそのように見込んでいるかもしれませんが、(勝ち点40が)我々の到達点ではありません。残り4試合に全て勝ちにいきます。

(今日のラージョ・バジェカーノは、得点シーンも含めて完璧だったと思います)確かにそうですね。とても慎重に試合に入りましたが、勝利という結果には満足しています。残り4試合でもいい結果を残せるようにしていきたいです。

(次節はアウェイでのグラナダ戦です)我々と近い順位にいますし、素晴しい選手もいます。難しい試合になるとは思いますが、試合を楽しんできたいと思います。」

・・・ちなみに、ガルベスは今シーズン末でラージョとの契約が満了することになっています。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rayoheraldjp.blog111.fc2.com/tb.php/915-6b367e0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。